キャッシング審査に通らない原因が判明!審査クリアの方法を徹底解説

キャッシング 審査 通らない原因

キャッシングの審査が通らなかったんだけど原因て何だろ?キャッシング審査ってそもそも何を審査しているの?

「キャッシング審査に通らない原因」って謎に包まれていると思っている人も多いのではないでしょうか?

キャッシング審査の内容を知ることができれば、キャッシング審査に通らない原因を解明することにつながります。また、キャッシング審査に通らない原因を解明することができれば、キャッシング審査を通過するための対策にもつながります。

このサイトではキャッシング審査で何を審査しているのかキャッシング審査に通らない原因とは何なのか、というところにスポットを当てて詳しく説明しています。キャッシング審査に通過するための道しるべとして、お金の正しい借り方というところにつながるよう、ぜひ参考にしてみてください!

キャッシング審査に通らない原因を考える!原因と解決策を徹底解説!

キャッシング 簡単

キャッシング審査に通らない原因を考える上で原因と解決策を見つめ直すということはとても重要です。

キャッシング審査に通らない原因を細かく分類し、どのような場合に審査に通らない原因になるのかを考えていきましょう。原因を細かく把握することによっておのずと対策も見えてくるものです。

それでは詳しく見ていきましょう!

キャッシング審査の通らない原因!実は申し込み者の半分以上が審査に通らない

キャッシング審査に通らない原因を考えるうえで、まず統計上の数字というものを見てみましょう。

キャッシングを行っている金融機関は、新規の契約件数を公表しています。新規の契約件数は、各社新規の申し込みの件数と、そのうちの何件を契約したかという形で公表しています。

ということは新規契約率がわかりますよね?この新規契約率を見ると50%を超えているところが無いのです。

つまり、キャッシングの申し込みを行った人の半分以上が契約できていない、つまり審査に通っていないということなのです。

それだけ沢山の人が通らないということですので、それだけ沢山のキャッシング審査に通らない理由があるということになりますね。

キャッシング審査に通らない原因になる可能性が最も高い!信用審査NGポイントとは?

キャッシング審査に通らない原因の中で、最も重大な原因になることとは何でしょうか?

重大な原因ということは、それだけで全ての金融機関のキャッシング審査に通らない原因になるということです。それは、信用審査においてNGポイントがあった場合です。

詳しく見ていきましょう!

キャッシング信用審査の情報源、信用情報機関とは

キャッシング信用審査とは、キャッシングにおける様々なデータを元に申し込み者の信用度を審査するというものです。

キャッシング信用審査に利用するデータを管理しているところを信用情報機関といいます。信用情報機関は、現在日本には、CICJICC全銀協の3つしかありません。

キャッシング会社は、これらの信用情報機関のいずれかに必ず加盟しています。加盟している信用情報機関に照会をして信用審査を行っています。

キャッシング審査に通らない原因となる金融事故とは?

キャッシング審査に通らない原因の中で、最も重大な理由の一つに金融事故というものがあります。

金融事故ってどんなものなの?なんだか怖そう・・・

金融事故は文字通り金融における事故で、様々な種類があります。大きく分けると、長期延滞、債務整理、代位弁済、強制解約の4つに分けられます。

それぞれの内容は以下の通りです。

  • 長期延滞:借入金などの支払いが2~3カ月以上遅延状態になっている
  • 債務整理:借入金などの債務を減額や免除する手続きを行なった
  • 代位弁済:借入金などの支払いが不能となり、保証会社等の第三者が代わりに支払いを行った
  • 強制解約:金融機関との契約の規約違反などを理由に契約を強制的に解除された

キャッシング審査に通らない原因、金融事故を起こすとどうなる?

キャッシング審査に通らない原因、金融事故を起こすとどのようなことになるのでしょうか?

これは、ほぼすべての金融機関で審査に通らない原因になります。完全にすべての金融事故ですべての金融機関でダメということではありませんが、申込者によっぽどのプラスの要因がなければ難しいと言えるでしょう。

キャッシング以外にも信用情報に残る金融履歴とは?

キャッシング審査に通らない原因になる、信用情報機関に記録される情報の中で、キャッシング以外の金融履歴とはどのようなものがあるのでしょうか?

金融履歴とは、キャッシングの履歴だけのように思われるかもしれませんが、そうではありません。キャッシング以外にも、最近では携帯電話の機種代、利用料金、賃貸物件の家賃などは、契約時に保証会社が間に入っていることが多くなっています。

このような契約の場合、保証会社が信用情報機関に加盟していますので、支払いが遅れたりすると信用情報に事故情報として記録が残ります。ですので、これらの支払いに関しても遅れればキャッシング審査に通らない原因になるということを覚えておきましょう!

キャッシング審査に通らない原因になる、連続申し込み

キャッシング審査に通らない原因になる理由として、金融事故ではないけれど、審査に不利になる状況があります。それは、キャッシングへの連続申し込みです。

キャッシングは1件申し込みをして結果を待って、通らなければ一旦申し込みを控えるというのが原則です。もしどうしてもという場合でも、あと1件だけにしておきましょう。

2件でも不利になる可能性がありますから、3件連続となると審査に通らない原因となる金融機関がとても多くなります。

キャッシング審査に通らない原因として、連続申し込みも1つの理由になることも覚えておいてくださいね。また、連続申し込みを防ぐためにも、キャッシングに申し込む際はキャッシング会社を厳選して申し込みましょう!

今すぐお金を借りるならプロミスかアコムがオススメ!
プロミスプロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。審査もスムーズで、今すぐに借りたいという方に多く申込みされています。30日間の無利息期間(※1)もついています。
>>詳細はこちら
アコム『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。30日間の無利息期間もついています。
>>詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

金融事故を起こしてしまうとその記録はいつまで消えないの?

キャッシング審査に通らない原因、金融事故の情報は、信用情報機関にどれくらいの期間記録が残るのでしょうか?

これはかなり長い期間記録が残ります。記録が残るということは、残っている間、キャッシング審査に通らない原因になってしまうということになりますよね。

金融事故別の信用情報機関に記録が残る期間は以下の通りです。

  • 長期延滞:延滞解消後1年~5年
  • 債務整理:5年~10年
  • 代位弁済:最長5年
  • 強制解約:最長5年

意外と知らない?キャッシング審査に通らない原因ホワイト属性とは?

キャッシング審査に通らない原因の中で意外に知られていないのがホワイト属性が原因になる場合です。

MEMO
ホワイト属性とは、金融情報が真っ白、つまり何も記録がないという状態のことを言います。

何も記録がないのであれば、全く問題ないじゃないか!と思われるかもしれませんが、そうではないのです。

20代などでホワイト属性の場合は問題ないことが多いのですが、40代以降でホワイト属性の場合不審がられることがあります。

これは、金融事故があった場合で規定の年数が経過して情報が抹消された状態とホワイト属性の状態は同じだからです。つまり、40代以降では、一度金融事故を起こして、それが抹消された状態なのでは?という憶測が働くということなのです。

一方20代では、キャッシングは20歳からなので金融事故を起こしてから抹消されるまでには年数が足りないという判断になることが多いようです。

なんだか複雑ですね、まるで心理ゲームのようです。ということは、お金を借りる必要が無くてもクレジットカードなどは利用するようにして、できれば少額のキャッシングをしておけば将来のことを考えれば安心かもしれませんね!

キャッシング審査に通らない原因!その他の理由

キャッシング審査に通らない原因として、信用審査での事故情報以外のことが理由の場合とはどのようなものがあるのでしょうか?

自分の信用情報に事故情報はないはずなのに、キャッシング審査に通らないのはなぜ?という場合にはその他の理由が考えられます。

詳しく見ていきましょう!

キャッシング審査に通らない原因になる短期延滞とは?

キャッシング審査に通らない原因として、長期延滞というものを先ほど説明しました。長期延滞として記録されるのは、2カ月以上の延滞となっています。

ですが、金融機関によっては、短期延滞、つまり2カ月よりも短い期間の延滞でもキャッシング審査に通らない原因となることがあります。厳しい場合には1週間程度の遅れでもキャッシング審査に通らない原因となる金融機関もあります。

キャッシング審査において、延滞はとてもデリケートな問題であるという認識を持って遅れないように心がけましょう!

キャッシング審査に通らない原因かも?収入が年金だけの場合

キャッシング審査に通らない原因として収入が年金だけということが理由となることがあります。

大手の消費者金融などでは、年金しか収入が無い場合は審査に通りません。一部銀行系では、年金のみが収入の場合でも申し込み可能なところがあります。ただ、年金しか収入がない場合、審査は厳しい傾向にあります。

キャッシング審査に通らない原因が外国籍ということも?

キャッシング審査に通らない原因として外国籍が理由ということがあるのでしょうか?

基本的には、在留カードや特別永住者証明書があって、日本国内に居住、勤務等していて、安定した収入があれば、キャッシングに申し込むことは可能です。ですから、外国籍の人がキャッシング審査に通らないということがあっても、外国籍だからという理由ではありません。

年収や勤続年数など、その他の理由によるものということが言えるでしょう。

キャッシング審査に通らない原因?非正規雇用・自営業者であること

キャッシング審査に通らない原因として、雇用形態が非正規雇用、自営業者ということが理由となることはあるのでしょうか?

これは、このことだけが理由で、キャッシング審査に通らない原因となることはありません。

正社員に比べると非正規雇用であったり自営業者であるということは、評価が下がる可能性はありますが、安定した収入があればキャッシング審査に通過することは十分に可能です!

職業がキャッシング審査に通らない原因になることはあるの?

キャッシング審査に通らない原因として、職業が理由となることはあるのでしょうか?

特に職業を理由にしているわけではないとは思いますが、風俗業、水商売、作家、芸能人といった職業の場合、その安定性からキャッシング審査に落ちる原因となる可能性があります。やはり、安定性を重視するキャッシング審査においては、仕方ないことかもしれませんね。

キャッシング審査に通らない原因は書類審査にもある?

キャッシング 書類審査

キャッシング審査に通らない原因の中には、書類審査が原因になることもあります。

書類審査でキャッシング審査に通らない原因となることとは、どのようなことか見ていきましょう!

キャッシング書類審査に通らない原因になるミスとは?

キャッシングの書類審査で通らない原因になるミスで一番多いのは、本人確認書類と申し込み内容が違っている場合です。よくあるのが、引っ越しをして免許証などの住所を変更していない場合です。

この場合、公共料金の領収書など現住所を証明できるものがあれば大丈夫な場合が多いのですが、あまりに長い間変更していない場合などは、不審がられて審査に通らない原因になることがあります。

このような簡単なことでキャッシング審査に通らない原因になることがないように、住所が変わったらなるべく早く免許証やパスポート等の証明書の住所は変更するようにしましょう!

キャッシング書類審査に通らない原因になる可能性大!虚偽申告

キャッシング審査に通らない原因になる可能性がとても高いのが、書類審査での虚偽申告です。借入件数や借入金額は、信用情報機関で情報が管理されているので虚偽の申告をしてもバレてしまいます。

キャッシングへの申し込み情報もほぼリアルタイムで信用情報機関に更新されていきますので、何件の申し込みを行ったかという情報も把握されています。住所や氏名、生年月日などもデータに残っています。

ですから、キャッシング審査への申し込み書類には、必ず正しい内容を記入するようにしましょう!

キャッシングの審査に通らない原因、キャッシング審査の方法など最新事情を徹底解説!

ここまでキャッシング審査通らない原因にはどのようなものがあるかを説明してきました。

ここからは、キャッシング審査の審査方法とは?ということや、キャッシング審査で見られている細かな部分について、現在のキャッシングが素早く審査結果を出せる理由などについても触れていきたいと思います。

それでは、詳しく見ていきましょう!

キャッシング審査・書類審査とは何か?

キャッシング審査には書類審査というものがあります。

MEMO
書類審査とは、申し込みをした人に様々な情報を申告してもらい審査するというものです。

書類審査では、本人確認として住所、氏名、年齢などが正しく書かれているかや、勤務先や年収が嘘の内容でないかなどが見られます。

これらの情報を元に、金融事故が無いかなどを調査することになりますので書類審査で申告される内容はとても重要ということになりますね。

キャッシング審査・属性審査とは何か?

キャッシング審査には、属性審査というものがあります。属性審査とはあまり聞き慣れないかもしれませんが、キャッシング申し込み者がどのようなタイプなのかを分類する審査のことです。

属性審査につきましては、後ほど詳しく説明しますが、簡単に言うとキャッシング申し込み者が返済能力があるタイプなのかどうかを判断する重要な審査になります。

現在のキャッシングで行われているスコアリング

キャッシング スコアリング

現在のキャッシング審査は審査結果が出るまでの時間がとても短くなっています。消費者金融などでは、即日審査、即日融資と申し込んだその日にキャッシングができるなど、各社スピードを競っているという感じですよね?

このスピーディな審査を可能にしているのが、スコアリングシステムと呼ばれるシステムです。

MEMO
スコアリングシステムとは、統計学を用いてどのようなデータの人が返済能力があるのかを判断するシステムです。

最後は人の判断にはなりますが、ある程度の部分はこのスコアリングシステムが自動的に判断をするのです。

これが、キャッシング審査のスピードを上げることができる要因になっているのです。

キャッシング審査・信用審査とは何か?

キャッシング審査には、信用審査というものがあります。

MEMO
信用審査とは、キャッシングに申し込みをした人の情報を元に、信用情報機関に集められているデータに照会し、過去の金融情報、特に金融事故に関してを重点的に審査するものです。

金融事故の記録はキャッシング審査の可否に直結する部分になりますので、この信用審査はとても重要な審査といえますね。

キャッシング審査に通らない原因には審査通過率が関係している?

キャッシング審査に通らない原因においては、申し込みを行った人本人が原因でない場合があります。

キャッシングに関する指標の一つにキャッシング審査通過率というものがあります。実はそれが原因になる場合があるのです。

詳しく見ていきましょう!

キャッシング審査通過率とは?

キャッシング審査通過率とは、各キャッシング会社は、どのくらいの新規申し込みがあって、それに対してどのくらいの新規貸し付けを行ったかを公表しています。

銀行系より消費者金融系の方がキャッシング通過率は高いですし、同じ消費者金融系でもキャッシング通過率には差があります。ということは、仮に同じ返済能力の人が申し込みをした場合でも、キャッシング審査通過率が高いか低いかによって審査結果が変わってくるということになりますよね?

ですから、できる限りキャッシング通過率の高い会社を選んだ方が、審査に通る確率が上がるということになりますね!

キャッシング審査通過率の高さに定評があるアコム

キャッシング審査通過率が高いのは銀行系より消費者金融系です。

では、公表されている審査通過率を参考にして消費者金融の中で審査通過率の高いキャッシングに申し込みをすれば、確率を上げることができるのではないでしょうか?

そこで、キャッシング通過率が常に高いキャッシング会社を調べた結果、最もアコムが常に上位にランクインしていることがわかりました。ということは、アコムに申し込みをするだけでも審査通過する確率が上がるということになりますね!

確率論だけの話にはなりますが、キャッシングにおいて審査通過率を少しでもアップさせることは、ても大切なところになります!

キャッシング審査通過率の高い消費者金融はココ >>

キャッシング審査通過率が高めのキャッシングとは?

キャッシング審査通過率は、確率という部分でキャッシング審査に影響があります。確率が少しでも高いということは、そのキャッシング会社は他のキャッシング会社に比べて、より多くの人にお金を貸そうという姿勢の表れでもあります。

そのようなキャッシング会社を選ぶことは、キャッシング審査に通過するためには大切と言えますよね。

公表されている、キャッシング審査通過率の上位は、アコム、プロミス、アイフルといった消費者金融ばかりです。ということは、キャッシング審査通過率の高いキャッシングは消費者金融ということになりますね!

キャッシング審査に通らない原因を数値化する属性審査とは?

キャッシング審査に申し込み、審査に通らない、その原因を数値化するのが属性審査です。属性とは、キャッシングに申し込みを行った人の人物タイプのことをいいます。

人物のタイプを審査するということなのですね。

詳しく見ていきましょう!

キャッシング属性審査はカテゴリー分けされている

キャッシングの属性審査では、申し込み時に申告された情報を元に、カテゴリーとして、年齢・年収などの本人情報、勤続年数・業種・勤務先規模などの勤務先情報、居住形態などの住居情報、そして過去のキャッシング履歴などの取引履歴の4つに分類します。そして、そのカテゴリーごとにスコアリングシステムを使ってスコアリングしていきます。

つまり、カテゴリーごとに点数をつけていき、その合計点数で申し込み者の返済能力を判断する審査なのです。属性審査では、カテゴリーごとの膨大なデータを元にスコアを算出しますので、かなり正確な審査結果が出るということになります。

キャッシング属性審査の中でも収入についてのウエイトは高い

キャッシング属性審査の中でも、収入については返済能力に直結しますのでウエイトが高くなっています。

収入は高いに越したことはないですが、中身も重視され、やはり安定性という部分は見られる傾向にあります。自営業よりも会社勤め、非正規よりも正社員という風に評価され、勤務先の安定性なども見られます。

キャッシングはお金を信用で貸すという性質上、これは仕方のないことと言えるでしょう。

キャッシング属性審査における他社借入金額について

キャッシング属性審査において、他社借入金額はどのように影響するのでしょうか?

総量規制※にかかるほどの借入をしていれば別ですが、他社借入総額と収入のバランスが大切となります。

いくら年収が高く、安定性の高い大企業に勤めていても、他社借入金額が高い状態ですと審査に通らない原因となってしまいます。ですから、借入金額は自分の収入に対してどのくらいの割合まで借入しているかが重要になってきます。

MEMO
総量規制※:消費者金融は申し込み者の年収の三分の一以上貸付をしてはいけないという法律

キャッシング属性審査に、年齢、居住形態、結婚はどう影響する?

キャッシング属性審査において、年齢、居住形態、結婚はどう影響するのでしょうか?

年齢は、通りやすい順番に、30代⇒40代⇒20代⇒50代となっています。これは働き盛りは、仕事も安定していて将来的にもまだ先が長いということが理由と言えるでしょう。

居住形態ですが、賃貸より持ち家、一人暮らしより実家暮らしという感じです。これは、家賃負担がどれくらいあるかという点や、持ち家であれば資産になるという点も評価されるということからです。

最後に結婚についてですが、これは皆さんよくご存知かと思いますが、結婚している方が評価が高くなります。やっぱり、結婚している方が家庭に対して責任があるというところから、しっかり働いてしっかり稼ぐというところにつながっていくからですよね!

キャッシング審査に通らない原因を見極めたらやるべきこと

キャッシング 審査

これまで説明してきた、キャッシング審査に通らない原因を自分の場合に照らし合わせてみると、色々と見えてくるものがあるのではないでしょうか。

キャッシングに申し込みをするということは、もちろんお金が必要だということでしょう。しかし、キャッシング審査に通らない状態で何度申し込んでも、プラスになることはありません。

ここはひとつ落ち着いて考えてみましょう!

キャッシング審査は連続申込NG!前回の申し込みからどれくらい開ければいい?

キャッシング審査は連続で申し込むのはNGです。キャッシング審査に通らなかったら、次々に申し込みたくなるのもわかりますが一旦申し込みは諦めましょう。

えー!じゃあ次はいつ申し込みすればいいの?

これは、最低でも半年後にするべきです。多くのキャッシング会社は、申し込みが行われたという履歴を半年間は残すからです。

そして、その半年の間にできる限り自分をキャッシング審査に通りやすい状態にしておきましょう。アルバイトや派遣社員の人は、正社員になるようにする、借入金額、件数をできる限り少なくするなどです。

このように、キャッシング審査に通らない原因をなるべく減らすことは、次回の申し込み審査に通りやすくなることにつながります!

キャッシング審査は謙虚な気持ちで!借入希望額は低めにしよう!

キャッシング審査に通らない原因の中で申し込み金額が高すぎるということもあります。減額されて審査通過することもありますが、借入不可となってしまうこともあります。

また、多めに借りてしまうと返すのが大変になってしまうということにもなりますので、キャッシングに申し込みをする際は必要最低限で申し込むようにしましょう!

キャッシング審査は現在の借入可能額が通らない原因になることも!

キャッシング審査に通らない原因として、現在の借入可能額が原因になることがあります。現在使用しているキャッシングカードなどは自分で把握していると思いますが、昔申し込みをして忘れてしまっているカードや紛失してしまって利用停止にはしたけれど、その後放置してしまっているなどのパターンです。

このようなカードがあると、利用可能額がそのまま残っている可能性があります。この利用可能額はいつでも借入ができる状態ですので、新たに申し込みを行ったキャッシング審査では、その借入可能額も借入をしているのと同じように見なされます。

ですからキャッシング審査が通らない原因になってしまうこともあるのです。

使用していないクレジットカードはないか?

クレジットカードのキャッシング枠もキャッシング審査において不利に働く場合があります。

クレジットカードは、量販店の会員カードなどと一体になっていたりすることもあり、キャッシング枠があることに気づかない場合もあります。

このようなことが原因で知らず知らずにクレジットカードが増えているということが、キャッシング審査に通らない原因となってしまうことがあります。

今一度、自分の持っているクレジットカードを見直してみましょう!

やみくもに一気に解約はしてはいけない?

キャッシング審査において、契約、解約というものは、金融データのなかでも目立つ存在になっています。ですので、たくさんのクレジットカードを連続して契約するとか、連続して解約するという行為は不審がられてしまう可能性があります。

仮に、あなたがキャッシング審査に通らないということになり、半年後に再度申し込みを考えているとしましょう。その半年の間に利用していないクレジットカードを解約するとしても、一気に解約するのではなく、なるべく間を開けて解約するようにしましょう!

キャッシング審査に通らない原因を知れば見える、お金の正しい借り方まとめ

キャッシング審査に通らない原因について色々な角度からお話をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

キャッシングには正しい方法がある、つまりお金には正しい借り方があるということですよね。

キャッシング会社がお金を貸しても大丈夫と判断をするための基準は、理にかなっていると言えるでしょう。その基準に近づくことでお金を借りることができる可能性が上がるということですよね!

そのためには、

  • 日々お金のことをよく考えて無駄なお金を使わないようにする。
  • 自分の収入と今の暮らしはバランスが取れているのかを考える。

など、お金についてもっと意識をするようにしましょう!

そうやってお金のことを色々と意識することにより、キャッシング審査に通過することにもつながりますし、もしかするともうキャッシングをしなくてもいいようになるかもしれません。そうすれば、結果的にお金に困らないもっと豊かな暮らしにつながるということになりますよね!


\即日融資も可能/ ユーザーおすすめランキング

  • プロミス

    カードレス+時間のない

    プロミスは、審査時間最短30分で今すぐ借りたい方にピッタリのカードローンです。SMBCグループと大手の銀行グループがバックにいるので安心してお金を借りることができます。

    評価
    実質年率4.5%~17.8%
    限度額500万円

    WEB完結なら、全ての申込みがWEBで完結します。しかし、何かわからないことがあれば、電話でオペレーターが丁寧に対応してくれます。女性のオペレーターが対応してくれるプロミスレディースは、男性でも利用できる人気のサービスです。女性オペレーターのプロミスレディースをご希望の方はこちらです。 プロミスレディースの詳細はこちら>>※男性の方もご利用いただけます。

  • アコム

    アコムは24時間365日お申し込み可能なカードローンです。最短30分とスピーディーな審査で、即日融資が可能!大手消費者金融の中でも利用者数No.1と、安定的な人気があります。

    評価
    実質年率3.0%~18.0%
    限度額800万円

    お金を借りるならアコムが断然オススメ!三菱UFJフィナンシャルグループなので、はじめてお金を借りるという方も安心のカードローンです!男女問わず、多くの方に利用されています。

  • レイクALSA

    レイクALSAは、「全額30日間」または「5万円まで180日間」の2つの無利息サービスから選ぶことができます。新生銀行グループなので、カードローン初心者でも安心!web申込みなら最短60分で融資可能です。

    評価
    実質年率4.5%~18%
    限度額500万円

    レイクALSAのWeb完結なら、手続きが全てweb上で可能なのはもちろん、自宅への郵送物もカードもナシで、誰にも内緒で借入れできます。コールセンターは女性のオペレーターが多いので、初めて利用する女性も安心です!